読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOOCで本当に価値があるのは講義でなく推薦図書かもしれない

 先日 オレオレ大学 なるものを高々と宣言し、MOOCでの学習に日々励んでいる私ですが、最近になってネット上でMOOCへの厳しい批評を目にすることが増えてきました。そうしたものに対して「はたして本当にそうかな?」と考えていたのですが、そのなかで改めて気づいたことがあったので、ここでそれを共有しておきたいと思います。 

 f:id:takuya0206:20140328194521p:plain

 

 上記の画像は私がよく利用するCourseraのキャプチャですが、TOP画面からもわかるように、多くの魅力的な講義が並んでいます。しかし、最近になって私は、その講義そのものよりも、その中で紹介されている推薦図書にこそMOOCの価値があるのではないかと感じました。

 本論に移る前に、まずは批評の内容を簡単に共有させてください。私が一番厳しいな感じた記事はこちら。MOOCの「修了証」なんて就職の役に立たない あくまでも「学位」じゃないと意味が無い ブランド大学が、そのバリューを毀損するようなことを本気でやると思う?

アメリカではMOOCを終了した事が求職者の履歴書に書かれていても、採用担当者は「あ、そう」程度でオシマイ。真剣にそれを受けとめることはしないと思います。

誰でも、無料で有名大学の授業が閲覧できることは、それを視聴した人がハーバードやMITの卒業生と同じアカデミックな達成度(Education outcomes)に到達できることを意味しない 

 たしかにこれは一つの事実ではあるでしょう。私もMOOCの講義を終了しただけで、その学問が自らのものになるとは思いません。ただ、仮に実際の大学と同程度の”アカデミックな達成度”が手に入るとすれば、少なくとも求職活動中に苦戦を強いられることはないと思います。つまり、論点はMOOCでの学習の価値が、大学でのそれに値するのか?ということです。では、学習そのものの本質は環境によって内容が左右されるのでしょうか?決してそのようなことはありません。では、そもそも学習とはなにか?…それは一つのことを体系的に学ぶことだと私は考えています。

 例えば、私は日本の古代史について勉強している時期がありました。古代史というのはなかなかの曲者で、あの有名な十七条憲法にしても、作成時期は推古朝時代か日本書紀編纂時なのか、作者は一体誰なのか、条文ごとの解釈について、などなど様々な説があります。 それらの学説をそれぞれの立場から一つ一つ読み込んでいく…そうして初めてようやく十七条憲法のことがぼんやり理解できてくるのだと思います。学習とは、一冊の教科書を読んでそれを記憶すること、では決してありません。

 さて、体系的に学ぶということに関して、必ず求められるのがインプットの量です。これがなくては何も始まりません。しかし、それこそ学んでいる分野の必読書を体系的に揃えることは容易ではありません。そこでMOOCの出番です。私がいま受講しているコースは The Modern World: Global History since 1760 -Coursera- .なのですが、ここでは強制ではないものの、推薦図書の一覧が用意されています。それがこちらです(リンクは全て削除していますが、Amazonへのものもあれば、そのままPDFで読むことが出来るものもあります)。

  1. Peter von Sivers, Charles Desnoyers, & George Stow, Patterns of World History: Since 1750 (New York: Oxford University Press, 2012).
  2. R.R. Palmer, The Age of the Democratic Revolution: The Challenge (Princeton: Princeton University Press, 1959) 
  3. Odd Arne Westad, Restless Empire: China and the World since 1750 (New York: Basic Books, 2012)
  4. Frederick Artz, "The Creeds of Liberalism," & "The Rise of a New Generation," in Reaction and Revolution 1814-1832(New York: Harper, 1934), pp. 82-109, 184-214
  5. Michael Barnhart, "Domestic politics, interservice impasse, and Japan's decisions for war," in May, Rosecrance, & Steiner, eds., History and Neorealism (Cambridge: Cambridge University Press, 2010), pp. 185-200
  6. Christopher Clark, "Murder in Sarajevo," in The Sleepwalkers: How Europe Went to War in 1914 (New York: HarperCollins, 2013), pp. 367-403
  7. John Darwin, introduction to The Empire Project: The Rise and Fall of the British World System, 1830-1970 (Cambridge: Cambridge University Press, 2009), pp. 1-20
  8. J.H. Elliott, "The First Bolivarian Revolution," New York Review of Books, July 13, 2006 (11 pp.) 
  9. Niall Ferguson, "Realism and risk in 1938: German foreign policy and the Munich crisis," in Ernest May, Richard Rosecrance, & Zara Steiner, eds., History and Neorealism (Cambridge: Cambridge University Press, 2010), pp. 155-184
  10. Timothy Garton Ash, "Revolution in Hungary and Poland," New York Review of Books, August 17, 1989 (12 pp.) 
  11. Jack Goldstone, "Patterns of Change in World History," in Why Europe? The Rise of the West in World History, 1500-1850 (McGraw-Hill, 2008), pp. 16-33
  12. John Gray, "The Real Karl Marz," New York Review of Books, May 9, 2013 (9 pp.) 
  13. Allen Guelzo, "A War Lost and Found," The American Interest, September/October 2011, pp. 6-16 
  14. Richard F. Hamilton, "On the Origins of the Catastrophe," in Hamilton & Holger Herwig, eds., The Origins of World War I (Cambridge: Cambridge University Press, 2003), pp. 469-506
  15. Carlton Hayes, "The Fruition of Liberalism," in A Generation of Materialism 1871-1900 (New York: Harper, 1941), pp. 46-87
  16. Howard Jones, "As Others Saw Us," The American Interest, September/October 2011, pp. 17-27 
  17. Andrew Kennedy, "Military audacity: Mao Zedong, Liu Shaoqi, and China's adventure in Korea," in May, Rosecrance, & Steiner, eds., History and Neorealism (Cambridge: Cambridge University Press, 2010), pp. 201-227
  18. Enrique Krauze, "Bolivar: What Price Glory?," New York Review of Books, June 6, 2013 (9 pp.)
  19. David Landes, "The Nature of Industrial Revolution," "Why Europe? Why Then?," & "Britain and the Others," in The Wealth and Poverty of Nations (New York: Norton, 1998), pp. 186-230
  20. William Langer, "The Triumph of Imperialism," from The Diplomacy of Imperialism (New York: Knopf, 2d. ed., 1956), pp. 67-96
  21. Ernest May & Philip Zelikow, preface, introduction, and excerpts from material for September 29 and October 16, 1962, in The Kennedy Tapes: Inside the White House during the Cuban Missile Crisis (rev. ed., 2001), pp. xi-lvi, 20-32
  22. Jan-Werner Müller, "The Cold War and the intellectual history of the late twentieth century," in Leffler & Westad, eds., Cambridge History of the Cold War, vol. III (Cambridge: Cambridge University Press, 2010), pp. 1-22
  23. George Orwell, "You and the Atom Bomb," (1945) in Collected Essays, Journalism, and Letters, vol. 4, pp. 6-10
  24. George Orwell, "James Burnham and the Managerial Revolution," (1946), in Collected Essays..., vol. 4, pp. 160-181
  25. Richard Overy, "Economies at War," in Why the Allies Won (New York: Norton, 1995), pp. 180-207
  26. Domingo Faustino Sarmiento, introduction by Roberto Gonzalez Echevarria [2003], chapter 1, excerpt from Sarmiento intro, and chapter 4, in Facundo: Civilization and Barbarism, trans. Kathleen Ross (1845; Berkeley: University of California Press, 2003 translation), pp. 1-3, 45-58, 38-39, 79-90
  27. Domingo Faustino Sarmiento, chapters 1 and 4, in Civilization and Barbarism, trans. Mary Mann (1845: New York: Hurd and Houghton, 1868 translation) 
  28. James Scott, "Authoritarian High Modernism," in Seeing Like A State (New Haven: Yale University Press, 1998), pp. 87-102 
  29. Timothy Snyder, preface, introduction, abstract, and conclusion, in Bloodlands: Europe Between Hitler & Stalin (New York: Basic Books, 2010), pp. vii-xix, 1-20, 415-417, 379-408
  30. Hew Strachan, "The Ideas of 1914," from The First World War, Vol. 1: To Arms (Oxford: Oxford University Press, 2001), pp. 1114-1139
  31. Jeremi Suri, "Counter-cultures: the rebellions against the Cold War order, 1965-1975," in Leffler & Westad, eds.,Cambridge History of the Cold War, vol. II (Cambridge: Cambridge University Press, 2010), pp. 460-481
  32. John W. Young, "Western Europe and the end of the Cold War, 1979-1989," in Leffler & Westad, eds., Cambridge History of the Cold War, vol. III (Cambridge: Cambridge University Press, 2010), pp. 289-310
  33. Philip Zelikow, "The Suicide of the East?," Foreign Affairs, November-December 2009, pp. 41-52 

 いかがですか?なかなかのボリュームでしょう。私自身もまだこれを読破したわけではありませんが、読み込んでいくなかでさらに読むべき本も見つかるでしょうし、これは一つの分野について体系的に学んでいると言っても問題ないと思います。

 つまり私の結論はこういうことです。MOOCそのものの価値は素晴らしい。後は生かすも殺すもユーザー次第。たしかにMOOCの受講者の全員がアカデミックな達成度を得られるわけではありません。また、一部の知識を補完する目的でコースを受講するのも一つの有効な活用法です。しかし、いずれにせよ、どんな目的であれ教育の門戸はインターネットユーザー全員に平等に開かれている。それこそがMOOCですし、私はそれが素晴らしいのだと思います。