英語学習-4

歴史学習についてのエントリーを書いたので、「あれ?こいつ英語はどうなったんじゃ。」と思われないためにも、英語学習の近況についてもご報告しておこうと思います。

 

BBC World 英語リスニング ニュース・時事問題 (CD book)

BBC World 英語リスニング ニュース・時事問題 (CD book)

  • 作者: エイドリアンウォールワーク,アンナサザーン,Adrian Wallwork,Anna Southern
  • 出版社/メーカー: DHC
  • 発売日: 2003/03/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログを見る

 

さて、この2ヶ月間ぐらいは”英語を読む”ということにひたすら取り組んできました。BBC News を読むことが多かったのですが、大半の単語がわからず一つの記事を読むのに6時間程かかることも私にとっては当たり前のことでした。(学習の様子は、スタディプラスというSNSで日々共有しています)それは今でも変わらず、詳しくない(=単語を知らない)分野の記事を読むのには多くの時間を必要とします。ただ、そうした日々の繰り返しで語彙力が上がっていくのでしょうから、今のところ全く苦ではありません。

 

大きな収穫もありました。それは”英語への慣れ”です。学習を始めたころは長文を読むことへ抵抗があったのですが、今は特になにも感じなくなりました。これは自分のなかでは大きな大きな進歩です。また、ある程度の学習が習慣化してきました。今は月で30時間程度の勉強は意識することなく行なえるようになっています。もちろん、これだけでは足りないことは認識しているので、ここから月に60時間程度の英語学習ができる状態には11月でするつもりでいます。

 

 英語が母国語であれば、子供であっても学力が低い人であっても英語を話すことができます。それは英語と接する時間によって誰でも英語ができるようになることを証明しているのではないでしょうか。そして、現代にはインターネットの中に英語学習のノウハウが多数残されており、効率良く自学自習で取り組める環境があります。つまり理論上、私がちゃんと勉強さえすれば、私は英語が話せるようになるはずです。…こうやって私は自分に言い聞かせて鼓舞しながら進んでいくタイプなのですが、仕事でも勉強でも自信を持つことはもっとも重要なことです。絶対にやればできるはずです!

 

 

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

 

今後は「英語耳」を使って、英語の音を身に付けようと考えています。これはまさにこれからしていくので、次回の更新で内容をフィードバックをすると思います。

 

人に与えられた時間は有限です。しかし、人の欲望は無限にあります。だからこそ人は”やる”、”やらない”ことをハッキリと分けないといけません。私にとって英語学習は現在の最優先事項で、その次が歴史学習です。(仕事はどうした!というツッコミはご遠慮願いますw)

 

このエントリーでは自分にとっての優先事項を明確にすることが目的でしたので、ここで終わりにしようと思います。引き続き、頑張っていきましょう。